賛助会員
ログイン
お問い合わせ
賛助会員入会のご案内

セミナー・イベント情報

サイバーインシデント演習 in 熊本

近年、不安定な国際情勢や急速なデジタル化といった背景もあり、企業や団体に対するサイバー攻撃は後を絶たず、金銭的被害や社会的信用の低下などのリスクが高まっております。ターゲットとなる企業への直接的な攻撃だけではなく、その企業が構成するサプライチェーンへの攻撃も増加しており、企業規模を問わず多くの企業がその被害リスクにさらされている状況です。企業には、自社だけではなくサプライチェーン全体を見据えたサイバーセキュリティ対策が求められています。


そこで、地域の事業者が参加するサイバーセキュリティに関する演習等を通じて、地域の事業者におけるインシデント対応に関するノウハウの共有を含む、サイバーセキュリティに関する情報共有を行いサイバーセキュリティレベルの向上を図るインシデント演習を開催いたします。

是非ご参加いただき、今後のセキュリティ対策を考える一助としていただければ幸いです。

開催概要

日 程

2022年 12月 19日(月) 14:00~17:00(受付開始 13:30)

会 場

TKP熊本カンファレンスセンター「しゃくやく」
※オンラインでの配信は行いません。 

開催体制

【主催】九州総合通信局

【協力】一般社団法人熊本県サイバーセキュリティ推進協議会

定 員

40名

※応募は先着順とさせていただきます。

参加費

無料
 

プログラム

第1部  サイバーセキュリティ講演[14:00~15:00]

 ■「サイバー攻撃の情勢及び対応策について」

 昨今話題になっているインシデント事例などを紹介しながら、サイバー攻撃による被害拡大を最小限にとどめるインシデント対応の流れを解説します。

第2部  サイバーセキュリティ演習[15:00~17:00]

 ■「セキュリティ事件・事故発生時の効果的な対応について」

 第1部の内容を踏まえて、参加者によるグループワークを実施します。机上演習として疑似的なインシデント対応を体験いただき、インシデント発生から対応の検討、その評価までのサイクルを、参加者が互いにディスカッション・意思決定しながら進めていく形を取ります。

※時間割、登壇者は急遽変更になる可能性がございます。

講師紹介

株式会社川口設計 

代表取締役 川口 洋 氏

講師略歴

2002年 大手セキュリティ会社に就職。社内のインフラシステムの維持運用業務ののち、セキュリティ監視センターに配属。

2013年~2016年 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に出向。行政機関のセキュリティインシデントの対応、一般国民向け普及啓発活動などに従事。

2018年 株式会社川口設計 設立。Hardening Projectの運営や講演活動など、安全なサイバー空間のため日夜奮闘中。

お問い合わせ

総務省 九州総合通信局 サイバーセキュリティ室

 TEL:096-326-7858/e-mail:security-kyushu@soumu.go.jp

関西情報センター イノベーション創出グループ 石橋・石本

 TEL 06-6809-2142/e-mail:rstaff@kiis.or.jp

お申し込みフォーム

必要項目をご入力いただきますと、確認画面が表示されます。
内容が問題なければ、ページ最下部の確認ボタンを押して下さい。

  • 入力
  • 確認
  • 完了
※個人でのお申込みの場合は「個人」と記入してください。
「個人情報の取り扱いについて」

当財団は、プライバシーマークを付与認定され、個人情報保護マネジメントシステムにより、個人情報を次のように取り扱います。
○組織の名称:一般財団法人関西情報センター
個人情報保護管理者、連絡先:総務企画グループ マネジャー TEL:06-6809-1093
○個人情報の利用目的について
申込書にご記入いただいた個人情報については、下記の目的で利用させていただきます。
・令和4年度総務省請負事業「地域のセキュリティコミュニティの強化に向けた調査研究及びインシデント演習等の運営」実施のため
・当イベント開催に係るご連絡やご案内のため
・参加者の把握のため
・イベント運営に関する事務業務
・当財団が主催する普及啓発活動等に関する案内を送付するため
○個人情報の第三者提供について
個人情報の第三者提供について:以下のとおり提供します。
・提供の目的:参加者の把握及びご本人へのアクセス
・提供先:総務省
・提供する項目:ご記入いただいた全項目
・提供の手段:電子メール
・個人情報の取扱いに関する契約有無:無
○個人情報の取り扱いの委託について
ご記入いただきました個人情報につきましては、その取り扱いの一部を委託する場合がございます。
○保有個人データの開示等および問い合わせ窓口について
ご本人(又はその代理人)からの求めにより、当財団が保有する保有個人データの利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止のご請求があった場合、遅滞なく対応します。
イノベーション創出支援グループ TEL:06-6809-2142
○ご本人が個人情報を与えることの任意性及び与えなかった場合の影響について
個人情報の項目への記入は任意ですが、必要とする個人情報の項目についてご記入がない場合は、当該セミナーへ参加をお断りする場合があります。
○ご本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得する場合
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。