■KIISフォーラム2018開催のご案内


お申込み受付は終了いたしました。

多数のお申込みありがとうございました。

 一般財団法人関西情報センター(KIIS)は、高度で安全な情報化社会の実現と地域経済の活性化に寄与する様々な事業に取り組んでおり、本年も、事業報告を兼ねたKIISフォーラムを開催致します。
KIISフォーラム2018では、当財団の実施事業の報告だけではなく、情報分野において注目されるテーマについても外部から講師をお招きして、日ごろご支援いただいている賛助会員をはじめとする皆様に有用な情報をご提供致します。
本年の特別講演には近畿経済産業局 地域経済部長 奥山 剛 氏をお迎えして、経済産業省の政策を中心にお話いただく予定です。
また、招待講演では、株式会社ズームスから保田 社長を、株式会社ATOUNから藤本 社長を お招きして、未来を見つめる関西のITベンチャー企業として各社の取り組みについてお話しいただきます。
是非ともご参加いただきますようお願い申し上げます。

敬  具

日   時  平成30年7月25日(水) 13:20〜17:10
場   所 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー 8階(第二吉本ビルディング)
http://yb2-kaigi.com/access.html
定   員 130名(先着順) 定員になり次第締め切らせていただきます。
参 加 費 無 料
お問合せ 一般財団法人関西情報センター 総務企画グループ 田中・小林
TEL:06-6346-2441/FAX:06-6346-2443 E-mail:soumukikaku@kiis.or.jp

プログラム

日  時

NO

発 表 テ ー マ

講師・発表者

13:20〜13:30
ごあいさつ 専務理事   田中 行男


13:30〜14:20
(50分)

第一部 特別講演



1
「Connected Industries等を通じたSociety 5.0の実現に向けて

様々なデータが繋がり、新たな商品やサービス等のイノベーションが円滑に創出されるConnected Industriesの形成に向けての環境整備や支援策についてお話しいただきます。
経済産業省 近畿経済産業局
地域経済部長
奥山 剛 氏


14:20〜14:40
(20分)

第二部 平成29年度KIIS事業から成果報告
「e-Kansaiレポート2018」 〜新たなビジネス創出プラットフォームの実現に向けて〜
  
AI・IoT・ビッグデータがもたらすビジネス変革をテーマに、2ヵ年をかけて企業や自治体等における利活用の実態を調査しました。平成29年度調査として実施した、AIやIoT、ビッグデータ等の利活用を推進している先進事例や、有識者・学識経験者等へのヒアリングの結果についてご報告いたします。

一般財団法人 関西情報センター
事業推進グループ
マネジャー・主席研究員
石橋 裕基

14:40〜14:50

  (休  憩)
14:50〜15:10
(20分)



「スマートインフラセンサ利用研究会」 〜橋梁等の社会インフラIoT基盤作り におけるWG活動の紹介〜

橋梁やトンネルなどの交通インフラの老朽化や点検不足が大きな社会課題になっています。センサーを設置して、予防保全やメンテナンス効率化に広く使える標準化したデータ収集・活用の基盤作りを目的に本研究会を実施しています。ここでは昨年度の活動実績と今後の方向性についてご報告いたします。

一般財団法人 関西情報センター
事業推進グループ
マネジャー
澤田 雅彦

15:10〜15:30
(20分)


「関西のサービス業の生産性・付加価値向上に関する調査」報告
 
我が国GDPの75%を占めるサービス産業の生産性向上は重要な政策課題となっています。生産性向上において有効な手段はITであるという仮定の下、IT利活用の実態調査と導入・利活用促進に向けた課題整理、普及啓発、提言のとりまとめを行うとともに、生産性向上に有効なITツール事例集の作成も行いました。ここでは、その調査結果をご報告いたします。

一般財団法人 関西情報センター
事業推進グループ
研究員
長尾 卓範


15:30〜15:50
(20分)


「サイバーセキュリティ研究会 29年度実施報告と30年度活動について」

昨今、標的型攻撃による情報漏えいや、ランサムウェアによる業務妨害等の被害が拡大しています。当財団では、関西地域での総合的なサイバーセキュリティ普及啓発プログラムとして、平成28年度から研究会活動を継続的に実施しています。昨年度活動実績のご報告とともに、平成30年度に実施する事業内容についてご説明いたします。

一般財団法人 関西情報センター
事業推進グループ
マネジャー・主席研究員
石橋 裕基

15:50〜16:10
(20分)


「地区防災計画と災害情報共有のあり方」〜大阪北部地震の経験を南海トラフ大地震に活かす〜
  
大規模災害に備えるために、地区毎にその実情に応じた防災計画を定める地区防災計画制度の発足以来、当センターでは、一貫して本制度の普及に努めるとともに、策定支援業務も行ってきた。一方、防災計画を有効にするには発災時の被災情報をできるだけ早く、かつ正確に共有することが重要である。地区防災計画支援の内容と、共助活動を支える災害情報共有システムについてご説明いたします。  

一般財団法人 関西情報センター
新事業開発グループ
主任研究員
坊農 豊彦

16:10〜16:20
  (休  憩)


16:20〜17:10
(50分)
第三部  特別講演2


「未来を見つめる関西のITベンチャー企業のご紹介」

関西のITベンチャー企業から2社においでいただき、各社の事業活動を通じて未来社会についてお話しいただきます。

(1)株式会社ズームス
 「バーチャルドローンからVRの産業利用へ」
  
(2)株式会社ATOUN
 「パワーバリアレス社会への挑戦〜和えて生かすイノベーション〜」

(1)株式会社ズームス
  代表取締役 保田充彦 氏

(2)株式会社ATOUN
  代表取締役社長 藤本弘道 氏


お申込みは受付終了いたしました。

多数のお申込みありがとうございました。