安心!簡単!パスワード共有サービス

ログイン

Zip The Ripper


☆KIIS Whisperからお知らせメールが来たら・・・
  受信者用マニュアルPDF


☆基本的な利用方法はとっても簡単。
  利用者マニュアル(送信者)PDF

利用料金は 5,000/月(WEB版)から
無償版はいつでも利用できます。

有償版の詳細はお問合せ下さい。
有償版もお試し期間あります。

利用お申し込みはこちら


JIPDEC JCANサイトにも掲載されています。

大切なパスワードをメールで送っていませんか?

電子メールで重要なデータを送る際、添付ファイルと、その解凍パスワードを2通のメールに分けて送信する手法がよく使われますが、実は、この方法はセキュリティ的にほとんど意味がありません。

なぜなら、添付ファイルつきの電子メールが盗聴されているなら、パスワードが書かれた次のメールも当然盗聴されているからです。

盗聴による情報漏洩に備えたいなら、データとパスワードを異なる手段で送ることが重要です。

KIIS Whisperは、相手から送られたパスワードを、ウェブ経由(SSL)でお知らせする、安全・安心なパスワード共有サービスです。

KIIS Whisperが盗聴や漏洩から守ります。

安心をお約束する3つの特徴安心をお約束する3つの特徴

☆誤送信対策にメール本体とパスワードの通知をずらす、遅延機能を追加しました(ゲートウェイ版)。

@KIIS Whisperの魅力とコンセプト: 日常的に最もよく利用する電子メールにおいて、利用の安全性を複雑な手続きなしに向上できる「安心・簡単」なサービスであることです。

AKIIS Whisperの具体的なサービス内容: 従来、暗号化したファイルのパスワードは、別のメールで送られることがほとんどです。KIIS Whisperでは暗号化したファイルのパスワードを電子メールではなく、WEB(SSL)や携帯電話等のメディアを使って安全に相手へ届けます。また、相手の受け取り確認や、万が一の誤送付の際の緊急停止などの機能もあります。 しかもゲートウェイ版では、ファイルの暗号化から相手へのパスワード送付までを全て自動的に行います。

B解決できる問題点:現在の電子メールによるファイル送信時の盗聴や情報漏洩のリスクは、ほとんど認識されていないレベルです。メールでパスワードを送信することは、郵便はがきにパスワードを書いて送るのと同等です。このリスクをなくすことができます。 また、ゲートウェイタイプを利用すれば、暗号化のうっかり忘れや、誤送信時の情報漏洩を防止することができます。

C必要なシステム構成:特別なシステムは必要ありません。ゲートウェイ版には自社内に設置できる小型機器の他、クラウド型サーバもご用意していますので、メールソフトの設定変更だけですぐに利用いただくことができます。また、WEB版はWEBブラウザだけですぐ利用できる手軽さも魅力の一つです。

D期待できる効果:日常使う安全なインフラとして、小規模な会社から大企業まで簡単に導入でき、日頃からこのサービスを利用することにより、取引先から情報セキュリティへの取り組みが評価されます。 また、情報セキュリティに対するユーザ一人一人の意識向上が期待できます。


 お問合せ先 一般財団法人関西情報センター(KIIS)ネットワークサービスグループ Mail.secure-support@kiis.or.jp