平成26年度 第5回定例会

テーマ

 「外国の人にもわかりやすい」日本語
  ―テクニカルライターと日本語教師による文書書き換え調査から―

講師

国立国語研究所 日本語教育研究・情報センター  

 教授 野田 尚史 氏

日時 12月1日(月)15:00〜17:00 
(交流会17:00〜18:00)
場所 一般財団法人関西情報センター 第1会議室
(〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第一ビル8F)会場アクセス図
スケジュール
時間 内容
15:00〜17:00 講演
17:00〜18:00 交流会  *交流会費:1,000円 (会員・非会員一律)
概要等

 テクニカルライター20名と日本語教師20名に「日本語のよくわからない外国の人にもわかりやすく」文書を書き換えてもらう調査を行いました。

 その調査結果から,テクニカルライターと日本語教師それぞれが持っている「日本語をわかりやすく書く技術」の違いを具体例で示します。
 大きな違いとしては,テクニカルライターは情報の伝え方を重視するのに対して,日本語教師はことばそのものをやさしくすることを重視すると言えます。
 言い換えると,テクニカルライターは難しいと思われる語句を日本語教師ほどには書き換えようとしないのに対して,日本語教師は情報の伝え方の工夫がテクニカルライターには及ばないということになります。