テクニカルライター・フォーラム2013

概要
基本テーマ テキストからビジュアルへ〜技術情報にとっての形と色〜
日時 平成25年3月21日(木)13:00〜18:00
場所 中央電気倶楽部 511号室
スケジュール
時間 内容
13:00〜13:25 イントロダクション 「テキストからビジュアルへ」 森口 稔 氏 (京都外国語大学非常勤講師)
13:25〜14:00 講演1
<内容>
 「読んで分かる?or見て分かる?テクニカルイラストの役割」
<講師>
  川内 雄史 氏 (株式会社テクノアート常務取締役、テクニカルイラストレーター)

14:05〜14:40

講演2
<内容>
 「テクニック描写から感性描写へ〜見えないものを感じさせるモノ トーンの世界」
<講師>
  西村 幸祐 氏 (株式会社クリエイト、仏像切り絵師・テクニカルライター)

14:45〜15:20

講演3 
<内容>
 「取説をビジュアルとして分析したとき、見えてくるもの(仮題)」
<講師>
 坂本 邦夫 氏 (フォルトゥナ、ウェブコンサルタント)  
15:40〜16:50 パネルディスカッション 
 上記講師と参加者との討論
16:50〜17:00 まとめ
17:00〜18:00 交流会

<開催主旨>

 「テクニカルライティング」と言いながらも、ビジュアル的視点を無視することは、できません。テキストとイラストをどう組み合わせるか、イラス トの描写の本質は何か、テキストをビジュアル的に見たときには何が考えられるか。
 コーディネーターがテキストとビジュアルの関係について簡単にご紹介した後、異なる視点を持つ、3人の講師の方々にお話いただき、さまざまな角度から議論していきたいと思います。