主 催:
一般財団法人関西情報センター ビジネスイノベーションセミナー
「KIISビジネスフォーラム with 尼崎信用金庫」
〜IoT、AI、ビッグデータ等を活用した新製品・アイデア〜
 IoT・AI・ビッグデータ、ロボット等が重要なテーマとなっている今、従来のモノ売りビジネスから、新サービスを提供するコト売りビジネスへの転換が求められています。新しいサービス開発のためには、自社単独でなく異業種連携により新たな分野を開拓する必要があります。また、阪神地域は国内有数のものづくり企業集積地域であり、高度な基盤技術を有する企業が数多く立地しています。
 そこで本フォーラムでは、企業の活用が進みつつあるビッグデータ技術の最新動向や適用事例に関する基調講演に加え、阪神地域を中心に活躍する優れた技術・製品・ビジネスアイデアを持つ中小・ベンチャー企業から事例発表を行います。有望なITビジネス事例を紹介することで、新ビジネス創出の啓発といたします。
 さらに、参加者間のネットワーク構築のための交流会も合わせて開催いたします。皆様のご参加を心からお待ち申し上げます。
 
日時 2018年11月20日(火) 14:00〜18:30(受付13:30より)
場所 尼崎商工会議所 7階 701会議室
(尼崎市昭和通 3-96)
※阪神電車・尼崎駅より徒歩3分
主催 一般財団法人関西情報センター(KIIS)
尼崎信用金庫
参加対象 IoTやビッグデータに関心のある企業・大学等学識関係者、IoTやビッグデータ、ICT関連の技術・アイデアを持つベンチャー企業との協業に関心のある企業 等
定員 60名
締切 先着順に受付、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
(講演、交流会ともに無料)
◆ プログラム ◆※プログラムは予告なく変更する場合があります。
スケジュール 内容
14:00〜14:10

【開会挨拶】
アドバイザー 白川 功 氏
       (大阪大学名誉教授・兵庫県立大学教授)

尼崎信用金庫
基調講演
「ビッグデータ技術の最新動向と適用事例」
14:10〜15:10

講師:鬼塚 真 氏
大阪大学大学院情報科学研究科 教授

ご講演概要:ビッグデータを分析することで隠れた知識やルールを発見して、社会的あるいは経済的なインパクトを生み出すことが期待されています。本講演では、データマイニング、機械学習に関する技術の基礎と応用事例について説明します。具体的には、1) 深層学習における学習のメカニズム,2) データ構造を捉えたクラスタリング分析、および 3) ビッグデータを高速に処理する最適化技術に関する背景にある基本的な考え方と、現状技術の可能性と限界について説明します。
 

15:10〜15:20

休 憩

15:20〜17:35  「企業プレゼンテーション

※発表順等変更可能性有

IoT、AI、ビッグデータ等を活用した事業に取り組む中小企業
3社発表予定

大洋紙業株式会社
「ダンボールとフィルムの特性を活かしたフィルムリテンション
パッケージ"showrap"の自動梱包機の開発・販売」

ホルトプラン合同会社
「小型環境センサによる新市場創生 〜Society5.0に向けて〜」

株式会社Mountain Gorilla
「IT/IoT技術を生かした企画・提案型のシステム設計・開発」

17:40〜18:30 交流会
※交流会も無料でご参加いただけます。


■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/