主 催:
一般財団法人関西情報センター 第30回ビジネスイノベーションセミナー
「京銀・KIIS ビジネス・フォーラム」
〜AI・IoTが切り拓く新ビジネス〜
 AI(人工知能)技術の研究開発が進み、労働人口減少や働き方改革といった企業の生産性向上や効率化が重視される中、企業の競争力やサービス向上に向けたAI導入は急速に加速しています。
 また、自動車や家電、工場設備に至るまであらゆるものがインターネットにつながるIoT技術の進歩によりビジネスのグローバル化やスマート化が進んでいます。
 本フォーラムでは、AIやIoTへの理解を深めていただくため、専門家による基調講演のほか、AIやIoT分野で事業を展開するベンチャー企業4社によるプレゼンテーション、参加者間のネットワーク構築のための交流会を開催いたします。
 AIやIoT技術を活用したサービス・新事業展開等に関心のある企業様、新たなビジネスパートナーをお探しの企業様の積極的なご参加をお待ちしております。
 
日時 2018年 1月31日(水) 14:00〜18:00(受付13:30より)
場所 京都銀行金融大学校桂川キャンパス大ホール
(京都市南区久世高田町376−7)
※JR東海道本線「桂川駅」から徒歩約2分
 阪急京都線「洛西口駅」から徒歩約10分
主催 一般財団法人関西情報センター(KIIS)
株式会社京都銀行
参加対象 IoTに関心のある企業・大学等学識関係者、IoTやICT関連の技術・アイデアを持つベンチャー企業との協業に関心のある企業 等
定員 100名
締切 先着順に受付、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
(講演、交流会ともに無料)
◆ プログラム ◆※プログラムは予告なく変更する場合があります。
スケジュール 内容
14:00

【開会挨拶】
アドバイザー 白川 功 氏
       (大阪大学名誉教授・兵庫県立大学教授)

基調講演
「人工知能ビジネス活用四つの波」
14:10

講師:森永聡 氏
NEC中央研究所データサイエンス研究所 自動推論テクノロジーグループ

ご講演概要:これまで、人工知能を活用したビジネスは、@人では見きれない大量データの「見える化」、Aデータに基づく将来の値の「予測」、Bだったらどうすればよいかを指南する「制御・最適化」、と高度化が進んできました。
本講演では、AとBの例として、我々が独自技術により取り組んできた「大規模予測システム」と「予測型意思決定最適化技術」を紹介するとともに、今後Bの「制御・最適化」が世に広く普及する際に必要となる、CWin-Win機会を発見・創出するための「挙動調整」に関する動向をご紹介いたします。
 

15:20  「ベンチャー企業からのプレゼンテーション」

※発表順等変更可能性有

アトモフ株式会社
「IoTとしてのデジタル窓の可能性」

株式会社センサーズ・アンド・ワークス
「Signで手軽に人の動きをクラウド化」

株式会社ダッハランド
「食品業界におけるAI受発注プラットフォーム」

株式会社テクサー
「ZETAで実現するスマート・ライティング・システム」
17:10 交流会

軽食をご用意しております。またプレゼン企業のデモ展示ブースも設置予定です。
※交流会も無料でご参加いただけます。

お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/