主 催:
一般財団法人関西情報センター 第24回ビジネスイノベーションセミナー
「京銀・KIISビジネスフォーラム」
〜AI・IoTを活用した新製品・アイデア〜
  IoT、AI、ビッグデータ等の最先端のIT(新IT)の普及により、産業構造の変革が起こり、今までにない新たなビジネスが生まれつつあります。自動車の自動運転への活用や、会話ロボット、ビッグデータを活用した行動予測等、AIが私たちのライフスタイルを大きく変えることが予想されています。
 一方、お掃除ロボットなどの生活家電や、スマートフォンを通じた会話アプリ等、身近な製品・サービスの一部にもAIは使われており、続々と新たなビジネスが創出されています。

 そこで今回、AIへの理解を深めていただくため、AI関連先進事例に関する基調講演に加え、優れた技術や製品、ビジネスアイデアを持つベンチャー企業4社からのプレゼンテーションを実施いたします。
 さらに、参加者間のネットワーク構築のための交流会も合わせて開催いたします。
 ぜひともご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。
 
日時 2016年12月12日(月) 14:00〜18:00(受付13:30より)
場所 京都銀行金融大学校 桂川キャンパス 大ホール
(京都市南区久世高田町376−7)
※JR東海道本線「桂川駅」から徒歩2分
※阪急京都線「洛西口駅」から徒歩10分
主催 一般財団法人関西情報センター(KIIS)
京都銀行
参加対象 AI・IoTに関心のある企業・大学等学識関係者、AI・IoT関連の技術・アイデアを持つベンチャー企業との協業に関心のある企業等
定員 100名
締切 先着順に受付、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
(講演、交流会ともに無料)
◆ プログラム ◆※プログラムは予告なく変更する場合があります。
スケジュール 内容
14:00〜14:10

【開会挨拶】
アドバイザー 白川 功 氏
       (大阪大学名誉教授・兵庫県立大学教授)

京都銀行
基調講演
「ビッグデータ×人工知能×IoT活用ビジネスの現状と展望」
14:10〜15:10

講師:杉本 昭彦 氏
日経BP社 日経ビッグデータ編集 編集長

ご講演概要:
 人工知能、IoT、ビッグデータ…、新しい技術が様々な産業界の競争ルールを変え、社会課題を解決していくと注目され、メディアを日々賑わせていますが、一体どんな技術であり、どんな進化を遂げていくのか、改めて問われるとなかなか説明しづらいもの。本講演では、専門媒体「日経ビッグデータ」や別冊ムック「この1冊でまるごとわかる 人工知能&IoTビジネス」の内容から、人工知能、IoTの技術動向やそれらを生かした先進企業の事例を体系立ててご説明します。

15:10〜15:20

休 憩

15:20〜16:50  「企業プレゼンテーション

※発表順等変更可能性有

 (1) 「IoTブロックチェーンデバイスとAI」
       データクック株式会社

 (2) 「スパースモデリングを用いた健康促進サービス【Hacarus】」
       株式会社ハカルス

 (3) 「カルチャーフィットによる労働生産性向上と人工知能の応用」
       株式会社ミライセルフ

 (4) 「人工知能で実現する、高利益の次世代工場」
       株式会社Modelor

17:00〜18:00 交流会
※交流会も無料でご参加いただけます。

お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/