主 催:
一般財団法人関西情報センター 第19回ビジネスイノベーションセミナー
「情報漏洩対策と個人情報保護のポイント」セミナー
  昨今の個人情報漏洩事件にもみられるように、個人情報の取り扱いに関するリスクへの対応を誤ると経営的な危機を招く恐れがあります。また、インターネット上のサイバー攻撃はもはや日常的な事象になり、特定の情報や個人を狙った標的型攻撃が主流になっています。さらに、2016年からは、マイナンバーの運用が始まる予定ですが、民間の準備は必ずしも十分とは言えません。
 そこで当財団では、社内にて情報セキュリティの普及啓発を行いたいと考えている人材育成担当者や管理職クラスの方々等を対象として、情報漏洩対策と個人情報保護に関するセミナーを開催いたします。
 内部情報漏洩対策や知っているようで知らない無線LANの危険性、最近話題のマイナンバー制度とその対応について講演いたします。
 ぜひともご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。
 
日時 2015年5月13日(水) 14:00〜17:00(受付13:30より)
場所 一般財団法人関西情報センター 第1会議室
(大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階)
主催 一般財団法人関西情報センター(KIIS)
参加対象 社内にて情報セキュリティの普及啓発を行いたいと考えている人材育成担当者や管理職クラスの方々等
定員 35名
締切 先着順に受付、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
※1社5名以内でお願いいたします。
◆ プログラム ◆
スケジュール 内容
14:00〜14:05

【開会挨拶】
講演
「内部情報漏洩の最新事例から学ぶ、情報漏洩対策」
14:05〜14:55

講師:原 一矢
(一財)関西情報センター ネットワークサービスグループ 研究員 中小企業診断士

内容:内部情報漏洩事件を事例として取り上げ、その背景や教訓・対策とは何か。そして、今後情報セキュリティを取り巻く経営環境がどのように変化していくのかを解説します。

講演 「知っていますか?無線LANの情報セキュリティ」
14:55〜15:45

講師:三宅 晃太朗
(一財)関西情報センター ネットワークサービスグループ 研究員

今や無線LANやWifiの利用は当たり前になっていますが、そこに潜んでいる情報セキュリティリスクについては、まだまだ十分に知られていないのが現状です。今回は見落とされがちな無線LAN環境での情報セキュリティについて簡単な実演を交えながらわかりやすく解説します。

15:45〜16:00

休 憩

講演 「企業における個人情報保護とマイナンバー制度の関係について」
16:00〜16:50

講師:田中 真琴
(一財)関西情報センター ネットワークサービスグループ マネジャー

内容:来年の導入が予定されているマイナンバー制度について、個人情報保護との関係を含めて企業がどういった準備をしなければいけないかをご説明します。


お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/