主 催:
一般財団法人関西情報センター
情報科学専門学校
第17回ビジネスイノベーションセミナー
実践クラウドセキュリティセミナー
  昨今、クラウドの活用やスマートデバイスの普及により、企業や自治体等の情報システム構築・運用の状況は変革期を迎えています。特にクラウドコンピューティングを利活用する上での情報セキュリティに関しては、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、サーバ、ストレージ、モバイル等様々な要素技術に加え、サービス提供事業者との契約や運用面等、多岐にわたる知識とノウハウが必要となります。
 本セミナーでは、文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業/情報セキュリティ分野の中核的専門人材養成の新たな学習システム構築推進プロジェクト」において作成されたテキストをもとに、企業において今後クラウド導入等に携わる技術者の方々等が身に付けておくべき知識・スキルについて、実践的な実習を交え学びます。

※本セミナーは文部科学省「中核的専門人材養成推進事業」の一環として、関連企業との協力により、関西情報センター、情報科学専門学校が実施するものです。
 
日時 2015年1月29日(木) 10:00〜17:00(受付9:30より)
場所 一般財団法人関西情報センター 第1会議室
(大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階)
主催 一般財団法人関西情報センター(KIIS)
情報科学専門学校
共催 文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業/情報セキュリティ分野の中核的専門人材養成の新たな学習システム構築推進プロジェクト」(責任校:学校法人岩崎学園・情報科学専門学校)
参加対象 企業において情報システム企画やベンダ等の管理を行う現場技術者、これからクラウド導入等に携わる若手技術者等
定員 40名
締切 先着順に受付、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
◆ プログラム ◆
スケジュール 内容
10:00〜 【開会挨拶・趣旨説明】
一般財団法人関西情報センター 理事 深野 二郎
情報科学専門学校 教務部長     川上  隆
基調講演
「クラウド時代に必要なセキュリティ意識と対策」
― 現在と未来において何が問題なのか? ―
10:10〜11:10

講師:森井 昌克  氏
神戸大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻 教授

内容:安全性が担保されてこそのクラウド技術であり、そしてサービスでもある。現在のクラウドシステムがどのようなセキュリティ技術の上に成り立っているか、さらに利用者としてのセキュリティ上の問題点は何か、それを如何に克服するべきかについて述べる。

講演 「今までの人材育成は通用しない?
クラウド時代に本当に必要な教育とは(仮)」

11:10〜12:00

講師:長谷川 長一  氏
株式会社ラック セキュリティアカデミー プロフェッショナル・フェロー


12:00〜13:00

昼休憩

講演 「クラウド時代に求められる基礎知識(仮)」
13:00〜13:50

講師:長谷川 長一 氏
株式会社ラック セキュリティアカデミー プロフェッショナル・フェロー

講演 「クラウドまでの歴史とクラウドを実現する技術(仮)」
14:00〜14:50

講師:吉田 雄哉 氏
社団法人クラウド利用推進機構 総合アドバイザー

講演 「クラウドを安心して使うためのセキュリティの詳細解説(仮)」
15:00〜15:50

講師:山田 英史 氏
株式会社ディアイティ セキュリティサービス事業部  部長

ケーススタディ 「ケーススタディを通して学ぶ『実践クラウドセキュリティ』(仮)」
16:00〜17:00

講師:長谷川 長一 氏
株式会社ラック セキュリティアカデミー プロフェッショナル・フェロー

講師:吉田 雄哉 氏
社団法人クラウド利用推進機構 総合アドバイザー

講師:山田 英史 氏
株式会社ディアイティ セキュリティサービス事業部  部長


お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ (中谷・石橋)
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/