主催:
一般財団法人関西情報センター
第15回ビジネスイノベーションセミナー
オープンデータの動向と新たなビジネス創出の可能性
〜ITによる官民連携の切り札!
ソーシャル・イノベーションの実現に向けて〜
 2012年7月、政府IT戦略本部において「電子政府オープンデータ戦略」が策定され、公共データのオープンデータ化について積極的に取組む自治体が増えてきました。 昨今では、それらのデータを活用したアプリケーションやツール等の開発が始まりつつあり、様々な社会的課題の解決に向けた取り組みとして期待されています。
 本セミナーでは、オープンデータの利活用に関する最先端の動向を紹介するとともに、オープンデータ活用によるアプリケーション開発と地域活性化を結びつけた最先端事例を紹介します。
 
日時 2014年1月30日(木) 14:00〜17:00(受付13:30より)
場所 グランフロント大阪 タワーB 10F
 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム B06

(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル)
主催 一般財団法人関西情報センター(KIIS)
参加対象 行政・自治体関係者、IT関連企業担当者、一般企業担当者等
定員 90名
締切 先着順に受付、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
◆ プログラム ◆
スケジュール 内容
14:00〜14:05 【開会】
基調講演
オープンデータ活用の先に広がる新たな経済・社会のすがた
14:05〜

講師:庄司 昌彦  氏
国際大学グローバル・コミュニケーションセンター 主任研究員・講師
Open Knowledge Foundation Japan(OKFJ) 代表

資料
(準備中)

内容:国内外でオープンデータ政策がどのように展開されてきたかを解説するとともに、具体的な事例を紹介し、現在、取り組みが加速しているオープンデータ活用の先にどのよう経済・社会が現れてくるのかを展望します。
講演1 オープンデータ先進地、データシティ鯖江が目指す未来
15:10〜

講師:福野 泰介  氏
株式会社jig.jp  代表取締役社長
(ブログ:「福野泰介の一日一創」

内容:身の回りのモノやコトが手に取るように分かる未来の基礎、オープンデータ。2010年、福井県鯖江市がオープンデータの推進を決めた背景にあった、市民主役条例とIT。ものづくりのまち鯖江の変遷とその先をご紹介します。
講演2 千葉市が取り組むビッグデータ/オープンデータ施策群
16:05〜

講師:三木 浩平 氏
千葉市総務局次長 CIO補佐監

内容:千葉市では、市民サービスの向上、市民主体のまちづくりの促進、産業の発展等に寄与するため、公共機関等が保有するビッグデータ、オープンデータの公開、利活用に向けた取組を進めています。
今回は、公共分野に存在するデータとその活用方法、市民協働型事業をはじめとする千葉市のビッグデータ・オープンデータに関わる施策、将来の活用可能性などについて発表します。


■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ (石橋・佐藤)
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/