主催:
財団法人関西情報・産業活性化センター
第7回ビジネスイノベーションセミナー
賢く使って事業継続とコスト最適化を!
〜クラウドサービスの真価を見極めるなら〜
 
 
当財団は1970年の設立以来,関西地域の産業発展と地域活性化に寄与すべく情報通信技術に関する調査研究,行政・地域の情報化やまちづくり等の地域振興に関する調査研究,さらには,国の情報化施策の普及および推進を図るための講演会や国際シンポジウム等の幅広い事業活動に取り組んでおります。
ビジネスイノベーションセミナーはこうした活動の一環として,次世代型情報化社会にふさわしい行政システムや地域社会システム等の実現を図ることを目的として開催しております。

−クラウドコンピューティングについて、その利点と注意点をもう一度考えてみませんか?
今回3度目のテーマとなるクラウドですが、徐々に浸透しているとは言え、中堅・中小企業での導入実績は未だ不十分のように思われます。東日本大震災以降、事業継続管理の見直しが迫られる中、クラウドが最注目されています。 今回のセミナーは、クラウドを導入中あるいは検討中の方を対象に、導入のメリットを再確認し、合わせて注意すべき点について、紹介したいと思います。『クラウドコンピューティング』について、今一度考えてみましょう。
 


      
日時 2012年1月30日(月) 13:30〜16:30(受付13:00より)
場所 ホテルグランヴィア大阪 20F鳳凰の間
(電話:06-6344-1235)(代表)
定員 50名
締切 先着順に受付,定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
協賛 デル株式会社
備考 Ustream配信予定
◆ プログラム ◆
スケジュール 内容
13:30〜13:40 【挨拶】財団法人関西情報・産業活性化センター

基調講演
今クラウドコンピューティングを薦める理由
〜クラウドの最近の状況から今後予想される展開まで〜

13:40〜14:40

講師:中村 好宏 氏
((財)京都高度技術研究所 研究開発本部情報事業部 担当部長)

内容:中小企業においてIT活用が思ったほど進まない要因を分析し、コスト面や導入スピードなどクラウド導入のメリットについて説明します。また、クラウドにおいて注意すべき点や興味深い側面について、ユーザー、ベンダー両方の視点で紹介します。

14:40〜14:45 【休 憩】
セッション1 クラウド時代のIT投資判断基準とシステム最適化
14:45〜15:30

講師:新井 直之 氏
(日本クラウドコンピューティング(株) 代表取締役社長)

内容:クラウドサービスが注目をされている中、投資判断を誤り、オンプレミス(自社運用システム)よりも割高なコストを支払い続けている企業も少なくありません。IT関連ベンダーの役割は、IT技術の標準化・仮想化、グローバルプライスの拡大、多彩なソリューションセットにより、大きく変化しようとしています。 本講演では、クラウドサービス、オンプレミスのIT投資比較検討のポイント、今、起こっているクラウド、IT関連ベンダーの役割変化とその活用法について解説致します。

セッション2
デルの考えるITシステム最適化のためのソリューション
15:30〜15:45

講師:木口 弘代 氏
(デル(株) CSMBアドバンストシステムグループ本部 ビジネスプランニング&マネージメント シニアマネージャー)

内容:Cloudサービスや仮想化など、様々なテクノロジーが進化を続けるITの分野で、お客様にとって本当に最適なソリューションとは、どういったものか選択するのは非常に難しくなってきています。お客様のビジネスをサポートするITソリューションを考え、オンプレミスからクラウドまで、多様な選択肢の中から最適なソリューションをご提案することが可能なデルのソリューションの全体像について、紹介致します。

15:45〜16:30

【質疑応答】名刺交換会(軽食付)

お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

 
■お問合せ先
財団法人 関西情報・産業活性化センター 事業推進グループ (渡辺・佐藤)
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641   FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp   URL:http://www.kiis.or.jp/