主催:
後援:
財団法人関西情報・産業活性化センター
大阪府立インターネットデータセンター
第2回ビジネスイノベーションセミナー
使えるクラウドコンピューティングとは! 〜問題解決、最新事例紹介 〜
 
 
  当財団は1970年の設立以来,関西地域の産業発展と地域活性化に寄与すべく情報通信技術に関する調査研究,行政・地域の情報化やまちづくり等の地域振興に関する調査研究,さらには,国の情報化施策の普及および推進を図るための講演会や国際シンポジウム等の幅広い事業活動に取り組んでおります。
  ビジネスイノベーションセミナーはこうした活動の一環として,次世代型情報化社会にふさわしい行政システムや地域社会システム等の実現を図ることを目的として開催しております。

  − クラウドコンピュータって本当に役に立つの?
  ITの話をすると、昨今はクラウドコンピューティングが必ずと言っていいほど話題に出てきます。昨年までは様子を見ていた企業も、実際の活用事例を聞くにつれ、自社でも使えるのではと検討しはじめた方も多いのではないでしょうか。
   今回のセミナーは、クラウドコンピュータの利活用を検討されている特に中堅及び中小企業の方々を対象に、セキュリティ・信頼性の問題やコストの問題など、クラウドコンピュータの抱える問題がどこまで解決できているかを最新の活用事例情報を交えて紹介したいと思います。
   『使えるクラウドコンピュータとはどんなものか』について一緒に考えてみましょう。
 

      
日時 2010年11月25日(木) 13:25〜17:00  (受付13:15より)
場所 ハートンホール日生御堂筋ビル12F 会議室「パンジー」
(大阪心斎橋駅すぐ)
   電話:06-6258-1141)
定員 45名
締切 先着順に受付,定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料
◆ プログラム ◆
スケジュール 内容
13:25〜13:30 【挨拶】 財団法人関西情報・産業活性化センター

講演1  本格活用期を迎えたクラウドコンピューティングの真の価値
〜パラダイム、IT経営・ビジネスが変わる

13:30〜14:55

講師:  松田 利夫 氏
    (山梨学院大学経営情報学部教授、(株)きっとエーエスピー代表取締役社長)

内容:  本格活用がはじまったクラウドコンピューティングについて、その本当の価値
(メリット)及び導入時の注意点などについて、具体例を示しながら分かり易く解説します。

14:55〜15:05   【休 憩】
講演2  Questera BPM Suite により実現するBPMシステムとその事例紹介
15:05〜15:50

講師:  日下  毅 氏
    (株式会社クエステトラ営業部 BPM セールススペシャリスト)

内容:  自社で開発したビジネスプロセス・マネージメント(BPM)システムの有効性について、株式会社ニッセンに導入した最新の事例を交えて紹介します。

講演3 SaaSクラウド化で実現した経理業務の生産性向上と経営スピードの劇的改善
15:50〜16:35

講師: 佐々木  宏 氏
    (株式会社テリーズ代表取締役、ライトウェイトマネジメント研究会代表幹事)

内容:  ネットスイートで開発しクラウド化したSaaSについて、その有効性を株式会社新総企への最新の導入事例を交えて紹介します。

講演4 クラウドコンピューティング利活用支援の仕組みについて
15:55〜16:50

講師:  生田 勝 氏
    ((NPO)ITC近畿会 広報・事業委員長、ITC近畿会SaaS/クラウド研究会、
    ITコーディネーター、ITCインストラクター)

内容:  SaaS/クラウド マーケットプレイス「楽雲」の紹介、中小企業支援SaaS利活用コンソーシアムの紹介

お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。
 
■お問合せ先
財団法人 関西情報・産業活性化センター 事業推進グループ (渡辺・佐藤)
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641   FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp   URL:http://www.kiis.or.jp/

この事業は,競輪の補助金を受けて実施するものです。