主 催: 財団法人関西情報・産業活性化センター    
 財団法人関西情報・産業活性化センターでは、プライバシーマーク研修事業を営んでおりますがこのたび、社会における個人情報保護対策のより一層の普及促進に貢献していくために、「企業の個人情報保護リスク管理研修」を新たに開講することになりました。

 個人情報保護法の全面施行により、企業における個人情報保護体制の強化が義務付けられてから数年が経ちました。いずれの企業様におかれても、セキュリティ体制の構築はもとより、個人情報漏洩などのトラブルから企業を守る“個人情報保護に精通した人材”を企業内に養成しておくことは、企業の健全な事業発展にとって必要不可欠な体制づくりといえます。

 個人情報保護対策の強化を推進するためにも、ぜひ、この機会に「企業の個人情報保護リスク管理研修」にご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【開催日時】
 2012年3月2日(金) 9:30〜17:00(1日間)

【会 場】
(財)関西情報・産業活性化センター 第一会議室
 (大阪市北区梅田1-3-1-800大阪駅前第一ビル8階   電話:06-6346-2641)

【定 員】
 30名(先着順に受付。定員になり次第締切とさせて頂きます)

【受講料】
 21,000円 (KIIS賛助会員および1社につき複数名参加の場合 18,900円)
  ※税込、テキスト代、修了書発行代含みます。
  ※『個人情報保護マネジメントシステム実施のためのガイドライン(第2版)』につきましては
  受講者が各自ご持参ください。


■研修概要
個人情報保護制度と個人情報保護のマネジメントシステム(JIS Q 15001)の考え方について分かりやすく解説します。さらに個人情報漏洩等のリスク管理の実践的な対応策について学びます。企業内の個人情報保護管理者の養成にも有益な研修です。

■受講対象
プライバシーマークを取得し、PMS(個人情報保護マネジメントシステム)をすでに構築しているが、その運用等で困っている企業様に最適の研修です。PMS新任担当者、企業の個人情報担当部門長、各部門の責任者、コンプライアンス担当者向けです。個人情報保護管理者を目指す方にも有益な研修です。

■プログラム (※内容等につきましては変更になる可能性はございます)

 

               研 修 内 容

 9:30〜12:00

 

 1.はじめに
 2.個人情報保護に関する制度
 3.適正管理の考え方
    (ヒヤリハットとヒューマンエラー)

 12:00〜13:00

              〜昼休憩〜

 13:00〜15:30

 4.個人情報保護マネジメントシステム
    (洗い出し〜リスクの認識〜運用〜確認)

 15:30〜17:00

 5.個人情報保護の実施事例
 6.まとめと質疑応答

■講師
  浅井 宗海 氏   大阪成蹊大学マネジメント学部教授
  渡辺 武久 氏  ITCFコンサルティンググループ主宰
          (※ともに当センター主催プライバシーマーク審査員補養成研修講師)

【用語解説】(ご参考)
■「個人情報保護管理者」とは?
・代表者によって事業者の内部の者から指定された者で、個人情報保護マネジメントシステムの実施及び運用に関する責任及び権限をもつ者のことです。

■「個人情報保護マネジメントシステム」とは?
・事業者が、個人情報を保護するために導入する社内制度のことです。プライバシーマークを取得するためには、JIS Q 15001:2006に則った「個人情報保護マネジメントシステム」を社内に構築する必要があります。ルールを定めた各種の「規程」と、それを実現するための各種の「様式」を作成し、社内に導入していきます。

■「プライバシーマーク制度」とは?
・「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」に適合し、個人情報を保護するための適切な体制を整備している事業者等を認定し、プライバシーマークの使用を認める制度です。


申し訳ございませんが、都合により延期致します。


来年度日程が確定次第、ご案内致しますので、しばらくお待ちください。
 
■お問合せ先
 財団法人 関西情報・産業活性化センター 事業推進グループ

 〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
 TEL:06-6346-2641 FAX:06-6346-2443
 E-mail:rstaff@kiis.or.jp URL:http://www.kiis.or.jp/