主催: 一般財団法人関西情報センター
DX推進によるビジネス変革に向けて
〜「2025年の崖」を克服するデジタル戦略とセキュリティガバナンス〜
経済産業省レポート(2018年)によると、DXが進まなければ最大12兆円の経済損失の可能性があるという、いわゆる「2025年の崖」問題が提起されています。多くの経営者が直面するこの問題解決に向け、データ利活用や新たなデジタル技術を駆使(DX)した取組や、DXを推進する上での最新セキュリティ技術ならびにセキュリティ対策の事例等について紹介し、DX推進によるビジネス変革のための参考に資するセミナーを開催いたします。
貴社の経営改革のご参考に、ぜひご参加下さい。

      
日時 2020年2月26日(水)14:00〜17:00
  (受付13:30より)
会場 グランフロント大阪北館タワーC8階
ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC
 RoomC02
大阪市北区大深町3-1
参加対象 企業の経営層、CIOの方等
主催 一般財団法人 関西情報センター
協賛 株式会社クニエ
NTTデータ先端技術株式会社
参加費 無料
◆ プログラム ◆  ※プログラム内容・スケジュールは変更する場合があります
スケジュール 内容
挨拶 一般財団法人 関西情報センター
基調講演
DXによるビジネス変革の可能性とITシステムに関する現状の課題
14:00〜15:00

講師:経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア・情報サービス戦略室長 田辺 雄史 氏(予定)

概要:新たなデジタル技術を使ってこれまでにないビジネス・モデルを展開する新規参入者が登場し、各企業は、競争力維持・強化のために、DXをスピーディーに進めていくことが求められています。 デジタル技術を活用してビジネスをどのように変革する経営戦略を決定し、既存システムの制約を乗り越え実行するためにはITシステムの変革も不可欠になります。 こういった点を踏まえ、DXの推進における経営戦略と既存ITシステムの課題について、解説いたします。

講演 PoCで終わらないDXプロジェクトの進め方
15:00〜15:45

講師:株式会社クニエ マネージャー 北村 卓也 氏
株式会社クニエ シニアテクノロジーアーキテクト 小沢 拓也 氏

概要:各企業においては、自らDXを進めるべく、デジタル部門を設置するなどの取り組みを行い、PoCを試行する事例が増加してきています。 しかし、こういった取り組みの投資は行われるものの、実際のビジネス変革には繋がっていないというのが多くの企業の現状です。 DXを推進するにあたり、経営戦略とITシステムをどのように把握し変革を進めていけばよいか、クラウド等の対応事例をもとに、推進のポイントについて解説いたします。

15:45〜16:00 休憩
講演
デジタル時代に求められるITガバナンスと情報セキュリティ
16:00〜16:45 講師:NTTデータ先端技術株式会社 相談役、最高技術顧問 三宅 功 氏

概要:近年のデジタル技術革新に対応したITシステムの変革において、企業はこれを生かすことで企業価値を向上させるという視点とともに、リスク管理としての情報セキュリティへの対応も不可欠になります。本講演ではデジタル技術に対応した情報セキュリティガバナンスおける基本的な考え方について紹介します。今までの情報セキュリティ対策と何が違ってくるのか?
特にサプライチェーンリスク等への対応についても解説します。
16:45〜17:00
サービス紹介
株式会社クニエ 会社紹介およびサービス紹介

NTTデータ先端技術株式会社 会社紹介およびサービス紹介

KIIS活動紹介

お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ
〒540-6305 大阪市中央区城見1丁目3番7号 松下IMPビル5階
TEL:06-6809-2142 FAX:06-6809-2093
E-mail:rstaff@kiis.or.jp   URL:http://www.kiis.or.jp/