主催:
一般財団法人関西情報センター ICTビジネスソリューションセミナー
「情報セキュリティ戦略」セミナー
〜 標的型攻撃の脅威から組織を守るために 〜
 近年、国内では標的型攻撃が組織の情報システムを脅かすというニュースが頻繁に報道されています。標的として企業や行政などの組織が狙われた際の明確な防御策はまだ確立されていないというのが実情で、組織はその対処法に苦慮しています。この標的型攻撃の脅威に対して、組織はどのように考え、対策をしていくべきなのか、その効果的な対策方法とは何なのか。
  本セミナーでは、「標的型攻撃の脅威」に焦点を当てつつ、情報セキュリティ対策全般とそれに対応する最新ソリューションをご紹介いたします。
 是非、本セミナーにご参加いただき、皆様方の組織における情報セキュリティ対策にお役立てください。

             
日時 2013年3月6日(水) 14:30〜17:30(受付14:00より)
会場 ラマダホテル大阪 2階 大淀の間
地下鉄御堂筋線「中津駅」(3番出口直結)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3−16−19
TEL:06-6372-8181
主催 一般財団法人 関西情報センター
協賛 デル株式会社
インテル株式会社
参加対象 マネージメント、情報システム部門の方
定員 100名
※同業他社様、個人の方のご参加はお断りする場合がございます
◆ プログラム ◆
スケジュール 内容
14:30〜14:40 【挨拶】一般財団法人 関西情報センター
基調講演
情報セキュリティを取り巻く環境の変化
14:40〜15:40

講師:中野 秀男 氏
(大阪市立大学 名誉教授 )

概要:白浜でコンピュータ犯罪シンポジウムが開かれてから15年以上が経ちました。その間、コンピュータ犯罪からサイバー犯罪へと言葉も変わってきました。本講演では、ITが当たり前となった時代での情報セキュリティに対する考え方の変化や多様性について解説します。

講演1 柔軟な働き方を支えるハードウェア・ベースのセキュリティーとは?
15:50〜16:35

講師: 坂本 尊志 氏
(インテル株式会社 クラウド・コンピューティング事業部)

概要:ユーザーの利便性と確実なエンドポイント・セキュリティーを両立するハードウェア技術についてご紹介いたします。

講演2
既存の対策で本当に大丈夫?
〜まずは現状把握から〜
16:35〜17:20

講師:古川 勝也 氏
(デル株式会社 マーケティング統括本部シニア・マネージャ)

概要:どこから手を付けていいのかわからないセキュリティ対策。デルが最短距離でお客様にお届けできるソリューションをご紹介いたします。

お申込み受付は終了いたしました。


多数のお申し込みありがとうございます。

■お問合せ先
一般財団法人 関西情報センター 事業推進グループ
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2641   FAX:06-6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp   URL:http://www.kiis.or.jp/