セコム株式会社 http://www.secom.co.jp


☆仮想ショッピングモールについて

 ある機会に、ホームページを訪れた方からのアンケートを取ったことがありました。
その結果は、全体の約70%が「健康診断チェックが役に立ったのでもっと種類を増や
してほしい」「いろいろな生活情報をもっと発信して下さい」との企業情報とは直接関
係のない意見要望であり、その他30%程度が「セコムがこんな事業をやっていたのは
知らなかった」「単なる警備会社からイメージが変わった」といったような意見でした。
 「Infomarina」には、もう一つの柱として、インターネットにおける仮想ショピング
モール「Shopping Cruise」があります。
 この中に掲載されている商品は、全てセコムのセキュリティサービスを導入いただい
ているお客様が販売しています。セコムのお客様は、97年9月現在、全国で約488,
000件あります。そのお客様に対して、セコムが開設するホームページの一部分を解
放し、今のサービスにプラスした付加価値を提供したいというコンセプトからこのモー
ルは生まれました。
 新聞や雑誌では毎日、インターネットやマルチメディアの記事がまるで夢のネットワ
ーク、無限の可能性秘めたニューメディアのごとく取り上げられています。しかし、多
くの企業(特に中小の企業)にとっては、商品やサービスをインターネットを通して販
売するには、どうしたらよいのかはまるでわからないのが現実でしょう。
 「Shopping Cruise」では、インターネットへ情報を発信するための画面作成、運用
管理から購入代金の決済までを、セコムがお客様に代行して行い、お客様は非常に簡単
にインターネットに自社の商品を紹介することができます。参加に際し、毎月の運用費
用を無料(画面作成にかかる費用及び商品を販売した場合の事務代行手数料は必要)に
することにより、新聞などからインターネットの話を読むだけでなく、肩肘を張らずに
安いコストで、自らがインターネットの世界を体験してみる機会を、お客様に提供して
いきたいと考えたわけです。
 実際にモールを運用してみると、モール全体ではテナント毎の売り上げのばらつきが
非常に大きく、売れるテナントと全く売れないテナントの格差が顕著にでています。あ
る程度の集客があれば、全てのテナントがそこそこに売り上げられるリアルモールとの
違いでしょう。現在のセコムのモールでの売れ筋商品は、非常時にピンを抜くと大きな
音が鳴動する「防犯ブザー」のような防犯関連用品や「無添加のトマトジュース」のよ
うな安心して食べられる安全な食品などです。セコムが直接その商品を販売しているわ
けではないのですが、商品を購入する方は、モールを運営するセコムが持っているコン
セプトでそれらの商品を購入する傾向があるようです。
 これまでお話ししてきたようにセコムのホームページ「Infomarina」は、「生活情報
の発信」及び「セコムの顧客への付加サービスの提供」という2本の柱に基づいて構成
されています。発信している情報の面白さだけではなく、企業の理念、社会における役
割をわかりやすいイメージでエンドユーザーに伝えていく。そんなホームページの構築
を、今後も私たちは目指していきます。
セコム株式会社
ホームネットサービスプロジェクト
            松浦 久






阪急電鉄ホームページ
1.ホームページの開設



セコム・ホームページ
1.セコムホームページについて