趣旨

 様々な「モノ」がインターネットに繋がり、「モノ」が持つ本来の機能に加え、ネットワークを通じ様々な
便利なサービスを提供する、いわゆる「Internet of Things(IoT)」の時代と言われています。誰でも簡単に
安価にインターネットに繋げる商品を作れると、これまでの商品が一変し、大きなマーケットが開ける可能性
を秘めています。しかし、そのためには商品の持つ特徴とインターネットが持つ機能を活かす「ユニークな発
想」が不可欠です。
 本事業は、最先端の動向や先行事例を参考に、「トロフィー」や「ちょうちん」といった具体的商品をテー
マに、それがITを活用することでどのような魅力的な商品となる可能性があるのか、有識者と共に発想し合う
ワークショップセミナーです。
 

主催

経済産業省近畿経済産業局
一般財団法人関西情報センター(本事業受託者)

開催日時

2015年2月24日(火)13:30~17:30

場所

グランフロント大阪北館タワーC 8階
ナレッジキャピタルカンファレンスルーム タワーC RoomC05
http://www.kc-space.jp/accessmap/conference/towerc.html#jump

定員

30名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)

対象

ものづくり中小企業、新ビジネスの発想にご関心のある企業 等

参加費

無料

ワークショップ内容

■インプットセミナー:13:30~14:10
『IoT技術の可能性~住宅環境への応用~』
京都産業大学 コンピュータ理工学部 准教授 平# 重行 氏

■IoT活用事例紹介:14:10~15:10
『太陽光発電遠隔モニタリングサービス”エコめがね”の発想』
株式会社NTTスマイルエナジー 代表取締役社長 谷口 裕昭 氏

『IoT技術のビジネス活用事例』 近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課長 石原 康行

参加型ディスカッション:15:30~17:30
具体的な商品事例をもとにして、IoT技術活用による新製品アイデア発想のプロセスをお見せします。
実際にモノにインターネットを組み込む場合、どのような利点や問題が生じるのか。複数のテーマで有識者と
ともに議論を行います。

【メインディスカッションメンバー】
(株)新産業文化創出研究所 代表取締役所長 廣常 啓一 氏
京都産業大学 コンピュータ理工学部 准教授 平# 重行 氏
神戸情報大学院大学 情報技術研究科 情報システム専攻 講師 横山 輝明 氏
(有)エムディアール 開発技術部 野口 哲也 氏
(株)ワイズ・ラブ 代表取締役 内橋 義人 氏
近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課長 石原 康行

【テーマ提供企業】
「トロフィ」(株)大橋金属工芸
「ちょうちん」(有)秋村泰平堂 ほか

■参加者名刺交換会:17:30~
皆さまで気軽に情報交換いただけます。

※プログラムは予告なく変更する場合があります。

アクセス

グランフロント大阪北館タワーC 8階
ナレッジキャピタルカンファレンスルーム タワーC RoomC05

※タワーCの一階よりオフィスエントランスへお入りいただき、エントランスホール奥
 エレベータより8階にお上がりください。

アクセス:http://www.kc-space.jp/accessmap/conference/towerc.html#jump

お申込み

お申込み受付は終了いたしました。
多数のお申し込みありがとうございました。

お問い合わせ先

一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
TEL:(06) 6346-2641  FAX:(06) 6346-2443
E-mail:rstaff@kiis.or.jp