MainRoute Nara
東大寺大仏殿
<-(166K)

国宝
奈良市
江戸時代(天平時代)
大寺は聖武天皇が創始した国分寺制度の総寺として天平時代に創建された。そのうち大仏殿は二度火災にあい、現在のものは江戸時代に再建され、当初のものより規模は小さくなったが、それでもなお世界最大の木造建築である。
本尊は大仏(盧舎那仏)


奈良の扉に戻る
歴史街道の扉に戻る
歴史街道ホームページはKIIS (Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS