MainRoute kyoto
天王山
<-(212K)

京都府大山崎町
戦国〜江戸時代ゾーン
城・古戦場/豊臣秀吉
川をはさんで男山と対峙した丘陵。京都盆地の出口を押さえる軍事・交通上の要衝。古来、しばしば戦場となったが、特に、1582年、羽柴秀吉が明智光秀を破った山崎の合戦の舞台として有名。この山の占領が両軍の勝敗を決したことから、勝敗の別れ目を決する事柄などを「天王山」というようになった。
山中には、宝積寺[ほうしゃくじ]、大念寺、酒解神社などの古社寺が多い。また、麓には、千利休が造ったといわれる茶室待庵がある。


大山崎の扉に戻る
歴史街道の扉に戻る
歴史街道ホームページはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS