MainRoute kyoto
宇治上神社
<-(275K)

京都府宇治市
平安〜室町時代ゾーン
現存する日本最古の神社建築
1994年12月に、「古都京都の文化財」のひとつとして、ユネスコの世界遺産に登録された。
明治時代までは、隣接の宇治神社と二社一体で「離宮上社(りくうかみしゃ)」と呼ばれていた。祭神は、応神(おうじん)天皇とその皇子菟道稚郎子(うじのわけいらつこ)及び兄の仁徳(にんとく)天皇とされている。
境内正面の拝殿(国宝)は鎌倉初頭のもので、寝殿造りの様式を伝えている。特に縋破風(すがるはふ)といわれる手法を用いた屋根の美しさは格別である。本殿(国宝)は、平安時代後期に建てられた、現存するわが国最古の神社建築である。三棟の内殿を一列に並べて、共通の覆い屋で覆った特殊な形式の建物、左右の社殿にある蟇股(かえるまた)も、その建築年代を推量するものとして重要である。
境内にはその他、鎌倉時代に建てられた春日神社(重文)などの摂社や、清水がこんこんと湧き出る宇治七名水のひとつ「桐原水」がある。


宇治の扉に戻る
歴史街道の扉に戻る
歴史街道ホームページはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS