MainRoute kyoto
銀閣寺
<-(260K)

京都市・岡崎
平安〜室町時代ゾーン
寺/哲学の道
利義満が建立した金閣寺に対し、足利義政が造営した東山山荘をのちに銀閣寺(慈照寺)とした。
室町の東山文化を象徴する建物で、当時は12楼もあったといわれているが、現在は銀閣といわれる観音閣のほか、本堂、東求堂、弄清亭が残っている。


京都の扉に戻る
歴史街道の扉に戻る
歴史街道ホームページはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS