MainRoute kyoto
金閣寺
<-(260K)

京都市・北山
平安〜室町時代ゾーン
寺/一休禅師/きぬかけの路
利義満が建立した別荘北山殿。義満の死後、夢窓疎石を開基として禅寺に改められた。正式名称は鹿苑寺。
北山文化を代表する建物で、寝殿造風の初層、武家造風の中層、そして唐様仏殿と三層の楼閣に金箔が施されている。


京都の扉に戻る
歴史街道の扉に戻る
歴史街道ホームページはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS