MainRoute Asuka
法隆寺夢殿
<-(208K)

国宝
奈良県斑鳩町
天平時代
隆寺東院は聖徳太子の宮殿跡に僧行信が造営したもので、夢殿はその正殿であり、聖徳太子像と伝えられる救世観音をまつる。
八角堂の美しい形態をとるが、鎌倉時代の改造を受けている。


斑鳩の扉に戻る
歴史街道の扉に戻る
歴史街道ホームページはKIIS (Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS