京都経営戦略シンポジウム

〜強みを活かした経営戦略とIT活用による戦略強化〜

関西IT経営応援隊

主   催 : 財団法人関西情報・産業活性化センター、近畿経済産業局、関西IT経営応援隊、京都府
協力機関 : 京都商工会議所、京都府商工会連合会、京都府中小企業団体中央会、(財)京都産業21
(財)京都市中小企業支援センター、 NPO法人ITC京都、共同組合戦略プランナー21

 平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

  当財団は1970年の設立以来、関西地域の産業発展と地域活性化に寄与すべく都市情報化の推進、情報技術に よる公益事業の推進、中堅・中小企業のIT経営応援事業の推進等を行ってまいりました。今年度も、関西IT経営 応援隊事業として、関西の中堅・中小企業の経営者の皆様を対象に、最新の情報通信技術の利活用による経営改革 の実践に向けて様々な角度からご支援を行って参ります。

  今回のシンポジウムでは、企業の強みを活かした戦略をキーワードに、経営改革の成功の秘訣は何かを考えます。 ITは今や経営戦略を支えるひとつの道具ですが、せっかく購入した機材を上手く活用できていない、あるいは業 務の改善にどのように繋げていこうか、といった各社共通の悩みを解く鍵は、企業戦略の考え方にありました。
 京都府では自社の強みを戦略的に活用しようという「知恵の経営」の支援に本格的に取り組みます。自社の持てる 力を効果的に発揮するための戦略策定の考え方と、ありたい将来像を実現するためのIT導入について、先行企業の 経験に耳を傾けながら一緒に学んでみませんか?皆様の多数のご来場をお待ちしております!


とき 2008年9月5日(金) 13:20〜16:50  (受付13:00より)
ところ 京都テルサ 大会議室
(住所:京都市南区東九条下殿田町70  電話:075−692−3400)
定員 100名

◆ プログラム ◆
タイムスケジュール 内容
13:25〜13:30 開会
13:30〜14:55
  第1部 講演会

「企業の強みとその活用・強化」
13:30〜13:55 講演1「企業の強み分析:わかりやすい知的資産経営」
          株式会社帝国データバンク 産業調査部 松本 誠一 氏

13:55〜14:20 講演2「知的資産経営への期待」
           京都リサーチパーク株式会社
           成長企業支援部総括マネジャー  近兼 敏 氏

14:20〜14:55 講演3「知的資産活用のポイント」
           京都工芸繊維大学 准教授 中森 孝文 氏

14:55〜15:10 休憩
15:10〜16:45
  第2部
 パネルディスカッション
 と施策紹介
「経営力を強化した企業の知的資産戦略とIT戦略」
テーマ 「知的資産経営の中でITをどう活用すべきか」
コーディネータ 摂南大学 准教授 久保 貞也 氏
パネラー  有限会社ツトム経営研究所  代表取締役 森下 勉 氏
        株式会社帝国データバンク 松本 誠一 氏
        アンドール株式会社 代表取締役 岸村 裕子 氏 
        スキューズ株式会社 取締役 ロボット事業部長 市川裕則 氏

施策紹介
「知恵の経営認証」  京都府
「関西IT経営応援隊」  近畿経済産業局

16:45〜16:50 閉会
お申込み受付は終了いたしました。
KIISロゴ ■お問合せ先
財団法人 関西情報・産業活性化センター
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号 大阪駅前第1ビル8階
TEL:06-6346-2543   FAX:06-6346-2443
E-mail:kito-staff@kiis.or.jp   URL:http://www.kiis.or.jp/