財団法人関西情報・産業活性化センター

■関西情報通信融合イノベーション創出フォーラム 平成22年度第1回定例会
〜ICTビジネス創出のための最新トピックス〜

来る平成22年9月24日(金)、下記の通り平成22年度第1回定例会を開催いたします。
※講師のご都合により、講演順を変更いたしました。ご了承ください。(2010/9/15)

イベント概要
概要

平成22年度第1回定例会では、情報・通信・メディア等分野の専門家の皆様から、今後のICTビジネス創出のヒントとなる様々なテーマやトピックスについてご紹介いただき、新たな企業連携活動を生み出すきっかけを作りたいと考えています。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

とき 平成22年9月24日(金)、14:00〜18:00 (17:00より交流会開催)
ところ AP梅田大阪(旧名称:アクスネッツ梅田)
(大阪市北区曽根崎新地2-3-21 axビル4階  地図はこちら
参加費

KICT会員:無料
KICT非会員:5,000円
(交流会参加費は会員・非会員とも1,000円)
※開催当日のKICT入会も承ります。詳しくは受付スタッフにお問い合わせください。

主催 財団法人関西情報・産業活性化センター
お問い合わせ先 財団法人関西情報・産業活性化センター 事業推進グループ KICT担当
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
TEL: 06-6346-2641 / FAX: 06-6346-2443
e-mail: kict-staff@kiis.or.jp
プログラム
14:10〜16:40 KICT事業企画委員からの最新ICTテーマ提供

 

とんがるIT/ICTと広がるIT/ICTで国プロを

 

大阪市立大学大学院創造都市研究科
都市情報学専攻 教授

 中野 秀男 氏

  関西でもいろいろなIT/ICTの国プロジェクトが採択されている。それらを支える技術を俯瞰しながら、どのようにすれば採択されやすいプロジェクトが提案できるかを考える。

 

超臨場感コミュニケーションとアンビエントインタフェース

 

関西学院大学
理工学部教授

 岸野 文郎 氏

  超高精細大画面映像や立体映像、さらには五感通信などの技術によって実現される超臨場感コミュニケーションを概説するとともに、環境に埋め込まれた情報機器が有機的に統合してユーザに働きかけるアンビエント情報環境を目指した人に優しいインタフェースを紹介する。

 

デジタルメディアのコンテンツ配信〜Media HUB〜

 

朝日放送株式会社
技師長

 香取 啓志 氏

  2010年3月にインターネット試験配信を始めた民間ラジオ放送「Radiko」での放送、通信融合による新たなビジネスモデルについて

 

新世代ネットワーク技術

 

独立行政法人情報通信研究機構
大手町ネットワーク研究統括センター長

 下條 真司 氏

  セキュリティ、省電力といったインターネットの問題を抜本的に解決するための新世代ネットワーク技術について紹介し、それによっておこる新しいビジネスに思いめぐらせたい。

 

「私はここに居るよ!と叫ぶ糸」「手がしたことの全てを記録する手袋」

 

大阪市立大学
名誉教授

 志水 英二 氏

  手術後に取り残されるガーゼ事故を未然に防ぐには取り残されたガーゼに「私はここに残されているよ!」と叫んでいただくのが最適の解決法。いつどのような肥料が与えられてこの野菜が育ったかは育てた手が全てを知っているはず、全てを記録できる手袋がそれを明らかにする。

16:40〜17:00

事業連携プログラムの進め方について

 

財団法人関西情報・産業活性化センター

17:00〜18:00

【交流会】

お申込み受付は終了したしました。

たくさんのお申込みありがとうございました。

 


関西情報通信融合イノベーション創出フォーラム(KICT)事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号
財団法人関西情報・産業活性化センター 事業推進グループ内
TEL : 06-6346-2641 / FAX : 06-6346-2443 / mail : kict-staff@kiis.or.jp