財団法人関西情報・産業活性化センター

本ページは過去年度事業内容を掲載しております。今年度事業内容が決まりましたら本ページに掲載いたします。しばらくお待ちください。

■What's New

■開催趣旨

 情報処理、通信技術、電子技術の急速な発展は、これまでさまざまな新しいビジネスを創出してきました。
 そのような中、近畿では、大阪駅前をコアとした大阪駅北地区(通称:梅田北ヤード)の開発や尼崎、姫路地域でのディスプレイ関連産業の集積、南地区では堺地域を中心とした一大工場集積、さらには天王寺地区や四ツ橋地区の開発など、数年後に稼動を目指す開発が多数動き始めています。
 これらはいずれもユビキタス時代としての新しい産業都市形成を目指したもので、それぞれのプロジェクトが概ね3年後程度を目標年度と設定しており、且つ、ユビキタス・ワンセグ・GPS・ロボット・スマートグリッドなど新しい技術を利用したe−空間的新ビジネスが芽生える大きなきっかけを形成しつつあります。関西経済の凋落が近年話題となっている中で、これらの動向は新たなビジネス創出の機会として大きく期待できるところです。
さらに関西には、大手家電メーカーとともに沢山の優秀なものづくり企業、電機・電子関連企業、コンテンツ企業とともに、研究機関や優秀な学識者の集積があります。また、3年後には近年の新技術を利用した大きな街の変貌への開発が進められつつあり、これらの動きは新しいインフラを利用した大きな新ビジネス創出の好機であるといえます。

  財団法人関西情報・産業活性化センター(KIIS)では、平成21年度より、このビジネス創出の絶好の環境を活用すべく、企業、行政、研究機関のそれぞれの強みをエンジンとして、関西に電子・情報・通信をコアとした新ビジネスを積極的に創出する場である「関西情報通信融合イノベーション創出フォーラム(KICT)」を企画・実施しております。
 本フォーラムではICTを利用した新しい視点にたって、さまざまな事業主体がクロスオーバーする、広がりのある新事業・新サービスを創出する場(プラットフォーム)にしたいと考えております。是非多くの企業のみなさまにご参加いただけますようお願い申し上げる次第です。

■平成23年度事業について

 平成23年度は、特に「ICTを活用したライフ・ビジネスイノベーション」にフォーカスし、新しいビジネス創出に向けた取り組みを進めたいと考えています。
 今後、ICTを活用した新たなビジネスを創出する上で、人々の暮らし(ライフ)に密着した領域は極めて重要であり、また可能性に満ち溢れています。大阪をはじめとする関西地域においては、「うめきた(梅田北ヤード)」等大規模なまちづくりが現在進行形で進められており、新たなビジネスを立ち上げるために最適な環境です。これまでに連携することの少なかった異業種(ものづくり、ICT、コンテンツ、まちづくり、研究機関・大学等)が、この「ライフ」分野での新しいコラボレーションを模索・研究することで、経済的インパクトの大きいビジネスを関西地域から生み出すプラットフォーム活動を推進したいと考えています。
 詳細はフォーラム概要についてをご参照ください。

 

 

 


関西情報通信融合イノベーション創出フォーラム(KICT)事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号
一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ内
TEL : 06-6346-2641 / FAX : 06-6346-2443 / mail : kict-staff@kiis.or.jp