よしのちょう
西行庵・苔清水(さいぎょあん こけしみず)


平安時代
松尾芭蕉,西行法師

を友とし、旅をすみかとした西行法師が、しばらく隠棲したといわれる小さな庵。近くには今も清らかな水が湧き出ていて、1684(貞亨元)年には松尾芭蕉もここを訪れて「つゆとくとく心みに浮世すすがはや」と詠んでいる。

資料提供は吉野町 


歴史文化資源マップ
吉野町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS