よしのちょう
後醍醐天皇 塔尾陵(とうのおのみささぎ)


南北朝時代
後醍醐天皇(第96代天皇)

意輪寺の裏山にある、後醍醐天皇の御陵である。あたりは常磐木(ときわぎ)の美林におおわれて清々しい雰囲気。
山陵は円墳で、天皇の無念を象徴するように御陵北方の京都に向かって築かれている。

資料提供は吉野町 


歴史文化資源マップ
吉野町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS