よしのちょう
金峯神社(きんぷじんじゃ)


平安時代
金山毘古命,藤原道長

千本にあり、杉や桜の老樹におおわれて鎮座している。吉野山の地主神、金山毘古命(かなやまひこのみこと)を祭神としている。
修験道の行場で藤原道長も祈願したと『栄華物語』に記されており、藤原道長の経筒(きょうづつ)(国宝、京都国立博物館に寄託)が残っている。

資料提供は吉野町 


歴史文化資源マップ
吉野町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS