よしのちょう
吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)


国宝・重要文化財
平安時代

を司る天之水分(あめのみくまり)大神を主神とし、"みくまりが"御子守"(みこもり)となまって俗に子守さんと呼ばれて親しまれている。
社殿は豊富(臣)秀頼が再建したもので、本殿、拝殿、弊殿、楼門、回廊からなる桃山時代の大変美しい建築である。

資料提供は吉野町 


歴史文化資源マップ
吉野町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS