やわたし
飛行神社(ひこうじんじゃ)


近代・現代
二宮忠八,玉虫型飛行機

正4年二宮忠八が自邸内に世界中の航空殉難者の霊を祀るために創始した。
二宮忠八(1866-1915) は、わが国初の飛行機発明者で、日本航空界の先駆者である。彼は明治24年「カラス型飛行器」というゴム動力によるプロペラ式の模型飛行機を発明した。プロペラ式の模型飛行機としては世界初であった。さらに工夫を重ねて、人を乗せて飛べる「玉虫型飛行器」の模型を完成させたが、動力部分は個人の努力と資金だけでは限界があった。そこで陸軍上部に設計図をそえて飛行機研究の採用を求める上申書を提出したが、夢物語と却下されてしまった。この時彼が設計したものは後のライト兄弟のものより構造上優れた面もあるといわれている。
独力で完成させることを決意した忠八は、大阪で製薬会社に入社し、薬品の改良研究で業績をあげ資金をととのえた。そして彼の故郷愛媛県八幡浜と同じ地名の八幡の地で飛行機研究に打ち込んだ。しかし、明治36年世界初の有人飛行実験の成功はライト兄弟によって先を越されてしまった。忠八の設計図は16年も前にすでに完成していたのに。
それ以後飛行機制作を断念した彼であったが、飛行機墜落の事故を聞く度に犠牲者の死を悲しみ、航空事故の防止・犠牲者の冥福を祈るため私財を投じて神社を建設した。それが日本初の航空関係神社「飛行神社」である。

資料提供は八幡市 


歴史文化資源マップ
八幡市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS