やわたし
正法寺(しょうぼうじ)


重要文化財
鎌倉時代
徳川家ゆかり

迎山正法寺は浄土宗の古刹で、その歴史は12世紀末高田蔵人忠国が源頼朝の幣礼使として八幡に来住したことに始まる。高田氏は後に姓を志水と改め、菩提寺として寺領堂舎をととのえた。天台宗から浄土宗に改め、後奈良天皇の帰依をうけ、天文15年(1546)勅願寺となる。この頃正法寺敷地内には塔頭も数箇寺でき、寺領が増した時期であった。
その後、志水氏の娘お亀が徳川家康の側室となり、尾張藩祖徳川義直を生んだことにより寺領五百石を有する寺勢となった。お亀は落飾して相応院と号し、没後当寺はその菩提寺となって尾張徳川家の庇護を受けた。
本堂・唐門・大方丈は重要文化財で、寛永七年(1630)相応院寄進により建立され、現在の伽藍がこの頃ほぼできあがった。小方丈・書院・鐘楼は府指定文化財で、書院西にある庭園は府指定名勝である。また境内は府文化財環境保全地区に指定されている。絵画書跡では重要文化財で絹本著色如来像(高麗時代)、天平12年(740)の大方等大集経がある。

資料提供は八幡市 


歴史文化資源マップ
八幡市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS