うじし
宇治橋断碑(うじばしだんび)


重要文化財
飛鳥時代
日本三古碑の一つ

化2年(646)に奈良元興寺(がんごうじ)の僧、道登(どうと)によって最初に架けられたと伝えられ、古来より「瀬田の唐橋」「山崎橋」とともに、日本三古橋のひとつに数えられている宇治橋。
その宇治橋が架けられたいきさつを格調高い「六朝(りくちょう)風」の銘文で刻んだ石碑(重文)が、宇治橋東詰の橋寺にある。後に下部を継ぎ足したことから「宇治橋断碑」と呼ばれ、上部の原碑は、天平時代に作られたものと推定される。原因は不明であるが、いつしか姿を消し、長い間地中に埋没していた。江戸時代の寛政3年(1791)に、寺の境内から上部3分の1の断石が発見された。尾張の学者、小林亮適ら5人によって、鎌倉時代に編纂された歴史書「帝王編年記」に記されていた原文をもとに下の部分を補い、寛政5年(1793)に現在の姿に復元された。
群馬県の「多胡碑(たこのひ)」、宮城県の「多賀城碑」とともに、日本三古碑に数えられている。

ご利用案内

資料提供は宇治市 


歴史文化資源マップ
宇治市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS