とんだばやしし
旧杉山家住宅・住宅内部

住宅内部(大床の間)

物内部はよく保存され、近世の状態をよくとどめている。とくに、大床の間に描かれた老松や襖絵は狩野派の絵師によるもので、往時の繁栄がしのばれる。
現在は市で管理しており、寺内町で唯一、建物内部の見学も可能である。また、建物の向かいにある寺内町センターでは、寺内町に関する資料を展示している。

ご利用案内

資料提供は富田林市 


解説画面に戻る
富田林市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS