とんだばやしし
興正寺別院(こうしょうじ べついん)


江戸時代・戦国時代

田林のほぼ中央にある興正寺別院は、寺内町の開祖である証秀上人がひらいた真宗の寺院で、表門は桃山城の城門の一部を安政年間(1854〜59年)に移築したものである。その向かいにある妙慶寺とともに、町並みのポイントとなっている。

資料提供は富田林市 


歴史文化資源マップ
富田林市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS