とんだばやしし
寺内町の町家(じないまちのまちや)

虫籠窓(むしこまど)
(これは比較的古い形をとどめています)

江戸時代,近代・現代

田林寺内町の町家には、独特のデイテールがある。
厨子(つし)と呼ぶ低い2階の屋根裏部屋には明かりとりと風通しのため、虫籠窓(むしこまど)という小窓がつけられている。18世紀頃の窓は木瓜(もっこ)形をしているがしだいに偏平になり、明治時代には長方形に形を変えることから、その町家の年代がわかる。また、ひさしを支える持送り(もちおくり)や屋根むねの端をおおう鬼瓦(おにがわら)、道路に面した格子(こうし)など、そこかしこから時代の匂いを感じることができる。


資料提供は富田林市 


歴史文化資源マップ
富田林市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS