てんりし
崇神天皇陵・景行天皇陵(すじんてんのうりょう・けいこうてんのうりょう)


古墳時代
古墳(前方後円墳),大和朝廷

山の辺の道の古墳群

山の辺の道付近には数多くの古墳が点在している。なかでも大和朝廷の創始者といわれる第10代崇神天皇陵は全長240mの壮大な前方後円墳で、日本武尊(やまとたけるのみこと)の父と伝えられる第12代景行天皇陵は全長300mの巨大な前方後円墳である。 このあたりからは二上山を遠景にした大和国中(やまとくんなか)(奈良盆地)の眺めはすばらしく、最も山の辺らしい風景を見せてくれる。

資料提供は天理市 


歴史文化資源マップ
天理市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS