てんりし
山の辺の道(やまのべのみち)


古墳時代以前
日本最古の道,ハイキングコース

ヤマトタケルが、人麿呂が歩いた道

奈良盆地の東に連なる美しい山なみ。その青垣の山裾を、かつて平城(なら)(奈良)から石上布留(いそのかみふる)を過ぎ、三輪・金屋へ通じる古い道があった。 これが歴史に現れるわが国最古の道「山の辺の道」。
沿道には今も、記紀・万葉集ゆかりの地名や伝説が残り、多くの社寺古墳が点在している。踏みしめる古道のそこここに神話の世界が息づき、時間はいつしか古代へ還っていくよう………

資料提供は天理市 


歴史文化資源マップ
天理市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS