たわらもと
浄照寺(じょうしょうじ)


奈良県指定建造物(本堂)
江戸時代

鉄田原本駅前の町並みは、本能寺の変の後、豊臣秀吉が柴田勝家等の連合軍を相手に戦った賤ケ岳(しずがたけ)の戦いの七本槍で名を馳せた平野権平長泰の子、長勝が整えたものである。古く立派な建物が多く残る中、一際目を引くのが浄照寺の表門で、太閤豊臣秀吉ゆかりの伏見桃山城の城門を移築したものである。
本堂も立派で、多少の改築が行われているようであるものの、創建当時(1615)の面影を今日に伝えており、奈良県指定建造物になっている。
また、浄土真宗派の寺として江戸時代前期の作である親鸞上人絵像を寺宝としている。

資料提供は田原本町 


歴史文化資源マップ
田原本町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS