たつのし
宝林寺(ほうりんじ)


江戸時代
大燈国師の生誕の地

野市揖保町門前にあるこの寺は京都紫野の大徳寺の開祖である大燈国師の生誕の地と伝えられている。元文3年に本山大徳寺から摂津國尼ヶ崎にある廣徳寺の住職である萬仭を遣わし領主脇坂氏に出願し、一小庵を建立し宝林庵と称した。明治14年に庵が大破したため、本山大徳寺より眞田精畊を遣わし官許を得て再建し、この時庵号を改めて寺号とした。
禅宗大徳寺派

資料提供は龍野市 


歴史文化資源マップ
龍野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS