たつのし
うすくち龍野醤油資料館(たつのしょうゆしりょうかん)


兵庫県指定有形民俗文化財
近代・現代

野市川西地区の醤油蔵群が龍野独自の伝統的町並みを形成しているところの一郭にある。この建物は、ヒガシマル醤油株式会社が近年まで使用していた醤油蔵を、昭和51年、古い形態に修復し、これに改装した旧本社社屋を加え、中に龍野醤油協同組合各社の保管になる醤油づくりの用具等を展示して「うすくち醤油資料館」としたものである。
館内には、醤油づくりの作業空間を工程順に配置している。まず、地釜を中心にした原料の処理場をおき、麥炒場がそれに続いている。仕込蔵の南棟は身廊を通路、側廊を仕込桶の置場とし、入口右手の麹室の前を室前と称している。麹室は煉瓦造りの2重壁構造、天井は温度調節できる回転式天井機構になっている。もとは、この蔵の外部にあったが展示公開のため、ここに移設した。北棟の蔵は、左手が製樽場、通路をはさんで東端に船場を構えている。
この醤油資料館内に、工程別に展示公開している醤油づくり用具等は、龍野醤油協同組合各社が江戸時代から昭和初期にかけて使用してきたもので、貴重な有形民俗文化財であると考えられ、醤油蔵の建築と醤油づくりの工程の全貌をうかがうことができる、県下でも数少ない貴重な施設であるといえる。

資料提供は龍野市 


歴史文化資源マップ
龍野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS