たつのし
聚遠亭(しゅうえんてい)


龍野市指定文化財
江戸時代

遠亭は、前庭からの展望絶景をたたえて「聚遠亭」と名付けられ、その扁額が茶室にかかげてある。茶室は、江戸時代末期の建築。書院造りを加味した風雅な数奇屋風の建物で、心字池上の浮堂として、庭園、池、杉垣などとよく調和している。
亭内の北東に位置する藩主の「御涼所」は18世紀後半に建てられ、茶室建築時を始め数回の増改築がなされたと考える。質素勤倹のなかにも雅趣のある接客、居住部門などの間取りや意匠、構造に特徴があり、また床下の抜け穴などにも当時の面影が残っている。
池のほとりには、龍野が生んだ詩人、三木露風の「ふるさとの」詩碑や、井原西鶴の「花ぞ雲 動き出てたる 龍野衆」と詠んだ碑などが建っている。

資料提供は龍野市 


歴史文化資源マップ
龍野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS