たからづかし
宝塚歌劇(たからづかかげき)


近代・現代

『夢を描いて、華やかに』。大正3年4月1日誕生以来「清く、正しく、美しく」をモットーに愛され、親しまれる舞台をつくり続けてきた宝塚歌劇は、現在約400人の生徒たちが、花・月・雪・星の4組に分かれて、交代で上演。電飾輝く大階段、せり、廻り舞台、花道、エプロンステージなどの装置を駆使した大掛かりなセットの中で、工夫を凝らした照明を浴び、豪華な衣装に身をつつんだ生徒たちが、美しい恋物語を演ずることによって、観客は自分自身が同じ世界にいるような気持ちになり、心ときめかせて魅惑のリズムに酔ってしまう。
宝塚歌劇生は、東の東大、西のタカラヅカといわれる数十倍の難関を突破して宝塚音楽学校に入学し、二年間、歌・踊り・芝居を本格的に勉強し、卒業して始めて舞台に立てる。緞帳が上がるまでは、毎日の激しいリハーサルで、個々の演技はもちろん、全体のバランス、セットとの調和など細部に至る調整が行われ、大きな舞台がつくりあげられる。
宝塚歌劇で、もうひとつの特徴は、専属のオーケストラによる生演奏によって舞台が盛り上げられていることである。心に残る魅惑のファンタジーはこのようにしてつくられる。

ご利用案内

資料提供は宝塚市 


歴史文化資源マップ
宝塚市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS