ささやまちょう
雲部車塚古墳(陵墓参考地)(くもべくるまづかこふん)


古墳時代以前
前方後円墳,陵墓参考地

雲部車塚古墳は、兵庫県下で2番目の規模を誇る前方後円墳であり、両側に車の両輪のような陪塚があるためそのように名付けられている。
この古墳は、古墳時代中期前半の築造と推定され、墳丘の長さ140m、盾形の周濠と陪塚をめぐらしており、帝王級の墓墳であり、畿内と山陰を結ぶこの地に中央と直結した大きな勢力が存在したことを示している。

資料提供は篠山町 


歴史文化資源マップ
篠山町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS