ささやまちょう
篠山城跡(ささやまじょうせき)


国指定史跡
江戸時代
城郭

別名「桐ヶ城」とも呼ばれる篠山城は、慶長14年(1609)に徳川家康の命により築かれた城で、小規模ではあるものの桝型や櫓を配した堅固な平山城である。明治維新後、大半の建物は取り壊されたが、濠や石垣などの城郭は往時のままの姿を残してある。特に、南馬出しは土塁馬出しとしては日本唯一の貴重な馬出しである。
桜の名所として知られる篠山城跡では、今、二条城「遠侍の間」を模したと言われる大書院の復元が進められている。

資料提供は篠山町 


歴史文化資源マップ
篠山町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS