おおみやちょう
小野小町塚(おののこまちつか)


平安時代
小野小町

町の五十河(いかが)の地は小野小町終えんの地といわれている。年老いた姿で小野一族の所領であったこの地に足を運び、その生涯の幕を閉じることになったのである。
小野山妙性寺には、その伝説にちなんだ貴重な資料「小野小町姫」と書かれた巻物が残されている。
小町の墓と伝えられる小町塚は五十河地区の入口東側の小字「はざこ」にある。大小二つの石碑が立ち、大きい方に「小野妙性大姉」と刻まれた文字が読める。また小野山妙性寺には、小町の法名を妙性としたと伝えられ小町の像、位牌が奉られている。


資料提供は大宮町 


歴史文化資源マップ
大宮町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS