みさとちょう
神幸祭(しんこうさい)

安土・桃山時代
年10月20日頃の日曜日に十三神社で行わる。
午前中に神前式、午後はお渡りをし、先頭に大太鼓、鬼と天狗が五塔の形をした笠をかぶり先導し、獅子舞と共に古式ゆかしく舞いながら道中する。

資料提供は美里町 


歴史文化資源マップ
美里文化博物館に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS