くさつし
追分道標(おいわけどうひょう)


草津市指定有形民俗文化財
江戸時代
東海道と中山道の分岐点

津川トンネルの南出口横にあるこの石造道標は、東海道と中山道の分岐点であるこの場所に文化13年(1816)に建てられた火袋付の道標で、諸国定飛脚の宰領中から寄進されたものである。

資料提供は草津市 


歴史文化資源マップ
草津市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS