くさつし
草津宿本陣(くさつじゅくほんじん)


国指定史跡
江戸時代

宿場町草津のシンボル、草津宿本陣は寛永12年(1635)の設置から明治3年(1870)の廃止に至るまで、大名・幕府役人・勅使・宮・門跡等の休泊を担った、二軒あった草津宿の本陣の一つである。
面積4,700平米余りの屋敷地には表門・住居台所・湯殿・御徐ヶ門他の建物が現存し、江戸時代の姿をほぼとどめた記念物である。「平成の大修理」を終え、平成8年4月より一般公開を開始した。

ご利用案内

資料提供は草津市 


歴史文化資源マップ
草津市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS